postheadericonワークフロー化のコツ

電話をする女性

ワークフロー化を進めることは、企業にとっては業績を上げるための効率化を進める上で重要な要素となります。
煩雑な申請処理の自動化などはすでに多くの企業に導入されてはいますが、まだまだ考慮すべき業務は多くあります。
それらは主に、従業員による個人的な能力に依存するようなものに関わるケースが多くみられます。
例えば電話業務においても、アポ取りやテレマーケティングなど技能の差が結果の差となるようなものは、極力誰が携わっても同じように高い評価となるような結果を生み出すことが望まれます。

そこで利用されるのが電話代行サービスです。
高い専門的技能を備えたスタッフが対応することにより、企業が望む結果を出すことが可能となり、まさにワークフローの究極の形とも言えます。
このように、電話代行のような外部委託を利用することもワークフロー化のひとつの方法と言えます。
あるいは、スケジュール管理を共有化することによって、様々な情報を瞬時に伝達することが可能となるように、グループウェアの活用などもワークフローにおいては必要となります。
他のスタッフの動向がすぐに把握できるスケジュール管理によって、あらゆるケースに即対応できる機動力を生み出します。
この一連の流れをシステム化しておくことによって、情報伝達におけるワークフローがつくれるわけです。

電話代行の活用やスケジュール管理の活用といったことは、これまでのワークフロー作成には無かった要素です。
電話代行による委託、スケジュール管理による共有化といった新たなサービスを利用して、ワークフローはさらに進化することになります。

postheadericonワークフロー活用方法

電話をする男性

ワークフローとは、業務を極力単純化することによって効率を上げてミスを減らすことを意味します。
複雑な業務もその作業内容を分析することによって単純化し、システムなどを用いて自動化できるところは自動化することになります。
例えば多くの企業で利用されている電話代行サービスも、このワークフローの一環といえます。
これまでは自社でひとつの部署を用意して、テレアポやコールセンターを行なっていましたが、その作業を丸ごと電話代行のような外注に任せることによって、自社での業務をより集中させることにつながります。

もちろん、電話代行サービスを利用することによって求める結果が得られるようにする必要はあります。
実際はむしろより効果的に結果を出す形になり、大きなコストダウンにもつながっています。

また、スケジュール管理などにおいてもこのワークフローを取り入れることによって、業務の効率化を進めることができます。
共有ソフトの活用によって、メンバー同士のスケジュール管理が可能となり、連携が取りやすくなったためです。
他の人の予定をわざわざ聞くことなく、共有ソフトを利用すれば誰でも把握できるという、より効率のよいスケジュール管理が可能となるのです。
これもワークフローにおいて大きな利点となります。
以上のように電話代行のような外部委託やネットサービスを利用することによって、コスト削減やスケジュール管理の効率化などを伴って大幅な業務改善を行えるのが、ワークフローのメリットと言えます。

postheadericon業務を円滑に

電話をする男性

ワークフローの導入により、スケジュール管理の効率化はメンバー同士の共有によって連絡のすれ違いやミスの発生を防ぐ効果があります。
ワークフローの目的は煩雑な業務による事故の発生を防いだり業務結果に品質の差が出ないようにする目的もあります。

スケジュール管理の共有化は連絡の行き違いによるミスの発生を抑制するという意味で、電話代行サービスを利用するのはスタッフによる技能習得に差が出ることを防ぐ意味でワークフローの目的に合致します。
多くの企業が電話代行サービスを利用したりスケジュール管理を共有するのは、そのような目的のためと言えます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031